北陸速記社 CONTENTS:

  ご用命から納品まで 

反訳原稿の作成方法

 会議、パネルディスカッション、講演などの反訳文章原稿の作成方法には、「速記反訳」と「録音物反訳」(いわゆる「テープ起こし」など)の2とおりがあります。

     ※内容をご説明 【 速記反訳 】 | 【 録音物反訳 】


 

 ■ 速記反訳

速記

 ご用命例: 「○○会議」の議事録をつくりたい

 速記文字とその反訳文(実際の速記文字です)


     
  1. ご依頼、現場への速記者派遣


  2.  まず弊社・北陸速記社に、その会議の日時、場所などをお知らせください。
     必要事項についてお伝えし、会議当日、速記者を派遣します。


                 ▼
     
  3. 反  訳


  4.  会議終了後、すぐに速記者が反訳にあたり、文字化作業(ワープロ入力)に入
    ります。


                 ▼
     
  5. 校  閲


  6.  でき上がった会議録原稿を、ベテラン校閲者が校閲します。

                 ▼
     
  7. 完成・納品


  8.  修正原稿を、電子データやA4印字物などお客様の望まれる形で納品します。


▲Up

    


 

 ■ 録音物反訳

入力

 ご用命例: 「△△講演会」の講演録をつくりたい

     
  1. ご依頼、録音媒体のお預かり


  2.  まず弊社・北陸速記社にご連絡ください。
     反訳原稿作成に必要なものをお伝えした上で、録音テープ、ICレコーダ録音による
    音声電子データなど、録音媒体をお預かりします。


                 ▼
     
  3. 反  訳


  4.  録音媒体、資料等の受け取り後、すぐに速記者が文字化作業(ワープロ入力)に入
    ります。


                 ▼
     
  5. 校  閲


  6.  でき上がった会議録原稿を、ベテラン校閲者が校閲します。

                 ▼
     
  7. 完成・納品


  8.  修正原稿を、電子データやA4印字物などお客様の望まれる形で納品します。

▲Up



 

| TOP |お問い合わせ |



 Copyright (C) 2007 HOKURIKU STENOGRAPHY COMPANY Co., Inc. All rights reserved.
 本ホームページに記載された文章、画像、写真などの無断複製は、法律で禁じられています。